5月例会(第41回親子ふれあい写生大会)開催の報告

2017-05-14

名称未設定-1

2017年5月14日(日)、遊亀公園付属動物園にて一般社団法人甲府青年会議所5月例会「第41回親子ふれあい写生大会」が開催されました。

当日は天候にも恵まれ、約900の方にご参加いただきました。御家族連れも多く見られ、動物園内は大いに賑わいました。
IMG_2765
IMG_2874
また、新聞コンポスト、ありがとうの栞作成、母の日にありがとうの手紙、良い本の交換会、未来の動物園コーナーが設けられ、どのブースも行列が出来るくらい人が詰めかけ「楽しかった」との声をたくさんいただくことができました。
今回、5月例会を担当した次代を担う青少年育成委員会では青少年育成事業を年間を通じておこなわれます。
今後も地域のため、地域の未来を担う青少年を育むための活動を持続しておこなってまいります。
IMG_9754

5月度理事長所感

2017-05-13

5月理事長所感

若葉の候、皆様に於かれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
また、5月に入りまして地域の皆様には益々、一般社団法人甲府青年会議所の活動に対しましてご理解とご協力を賜り、心より感謝を申し上げます。

4月に於いては、信玄公祭り前夜祭であります第14回湖衣姫コンテストから始まり、世界最大級の武者行列である信玄公祭り甲州軍団出陣、フェイスペイント事業と4月のスタートにふさわしく桜満開のなか、にぎやかに事業が開催されました。

また、4月20日には(社)甲府青年会議所の4月例会(入会式・創立記念)が開催されました。入会式では新たに甲府青年会議所の活動をしていただける仲間を17名迎え入れ、会員一丸となり新入会員をサポートしていくことを誓い祝福をいたしました。新入会員の緊張したフレッシュな意気込みや気持ちを肌で感じて、会員も私自身も入会した時の気持ちを思い返し、青年会議所活動に更に邁進していく気概を持つことができたと思います。
66年目の創立記念ではアチーブメント(株)代表取締役の青木仁志氏をお招きして「一生折れない自信の作り方」をテーマに基調講演をしていただきました。青年会議所の魅力についても熱弁をいただくとともに、目的を明確に定め日々の目標をひとつひとつ達成していく事が個人の成長に繋がり、自信を持つことができるということを教えていただくことができました。また、シニアクラブの諸先輩方とともに会員ひとつになり継承されてきた創始の精神と先人たちが築いてきた歴史に感謝をしたなかで創立記念が盛会に開催できましたことをあらためて、皆様に感謝を申し上げます。

また、いよいよ各委員会の事業がスタートを切る中で、委員会活動が活発になってまいりました。4月10日には次代を担う青少年育成委員会の事業説明会、4月14日にはこれからのまちづくり特別委員会公開委員会が開催され、地域に対してより広く運動が浸透するべく、準備を進めているしだいであります。全会員を巻き込んだ形で、事業展開を広めより実りの多い事業にしていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

4月15日には伊勢原の地において関東地区フォーラム、また4月23日には全国一斉!国民討議会 山梨大会、4月28日にはリニア開業に伴う地域創造討議会が開催され、多くの地域住民や学生達と共に、これからの山梨の可能性について議論する良い機会となりました。今後も引き続き関東地区協議会並びに山梨ブロック協議会の運動の推進を図り、日本青年会議所の活動をこの地域全体に広めていきたいと考えております。

5月14日には、41回目を数える山の都親子ふれあい写生大会を開催させていただきます。一人でも多くの地域住民の笑顔が見れることを心より期待をしております。いよいよ2017年度も中盤期に入り始めてきましたが、今一度「甲府青年会議所がこの地域にあってよかった」「あなたがいるから自分も青年会議所に入会したい」そんなことを言っていただける、責任感と行動力のある青年会議所にならなければならないという、自覚を会員一同、気持ちを引締めて笑顔を絶やさず、すべては地域の未来のために邁進していく所存であります。

結びに、私たちのふるさと「山の都」に心と心を繋ぐ新たな「懸け橋」を渡すためにも、より一層のご理解とご協力をお願い申し上げるとともに、皆様にとって5月も素晴らしい新緑の風が届きますことを心からご祈念申し上げ、5月理事長所感とさせていただきます。

一般社団法人 甲府青年会議所
2017年度 第66代理事長 中沢 雄一