事業報告

関東地区フォーラム2017開催報告

2017-04-17
securedownload securedownload (2)

2017年4月15日(土)、伊勢原市民文化会館(神奈川県伊勢原市)にて関東地区協議会関東地区フォーラム2017~リファイン~が開催されました。

今よりもより良くという「リファイン」をテーマに各セッションが開催され、甲府青年会議所会員30名ほどで参加してまいりました。

理事長サミットでは、関東地区協議会に副会長として出向されている窪寺晃直前理事長がコーディネーターを務め、パネリストとして中沢理事長が登壇いたしました。

総評では、衆議院議員である平将明先輩より「山梨はリニアの関連も含めこれから大きな可能性を秘めている。JCが非常に大きな役割を持っている。」という言葉もいただきました。

今回関東地区フォーラムで学んだ経験を多くの会員と共有し、青年会議所のスケールメリットを生かしながら地域との懸け橋となるような活動を続けてまいります。

これからのまちづくり特別委員会の公開委員会がおこなわれました

2017-04-16

4月14日(金)、19:00~甲府商工会議所3階 事務局にて、これからのまちづくり特別委員会による公開委員会がおこなわれました。

甲府JC版CCRCの一端として地方移住を推進するにあたり、CCRCを理解していただくことが必須と考え、本公開委員会を開催させていただきました。

IMG_1374

当日は、山梨英和大学 人間文化学部 黒田 浩司教授に調査、研究結果、事例を踏まえてCCRCとは何か。CCRCやまなしの可能性、やまなしのCCRCを進めていくのには様々な問題があり、やまなしの地域性に合ったCCRCを進めていく必要があるとの事でした。

IMG_1375

また、甲府青年会議所会員の神山玄太君より、本場であるアメリカCCRCを現地視察をおこなった結果、日本版CCRCの代表であるシェア 金沢との事例を踏まえたなかで比較し、日本版CCRCの課題を発表していただきました。

IMG_1377

日本青年会議所に出向されている甲府青年会議所 顧問 藤巻 宏和君よりJc版CCRCについて発表していただきました。

当日は約30名の会員が集まり、やまなしCCRCの可能性や課題に触れ具体的にCCRCをどのように進めていくかを討論する機会となりました。

 
 

次代を担う青少年育成事業・事業説明会

2017-04-11
14657 14660

4月10日(月)19:30~甲府商工会議所にて次代を担う青少年育成事業・事業説明会が開催されました。

本事業では、三市一町の小学校に出向き出張事業を開催いたします。子供たちが世代を超えた交流の中で「山の都」の歴史や文化を学んで感謝の心を育み、次代を担う原動力とすべく事業を開催いたします。

 

・ステップ1【美徳の習得】

日本の文化に触れ、先人たちの残してきた言葉やモノを体感し、子供たちに礼儀や日本人の美徳、たくましさや感謝の心を育成します。

 

・ステップ2【先人への感謝】

「山の都」の自然や風土、歴史を改めて捉え、この土地で生まれた人々を育んだ環境について学び、さらに先人たちの活躍を知ることで「山の都」の良さを再確認します。

 

・ステップ3【切り拓くたくましさ】

「山の都」が誇る偉人を学び、多くの偉人の言葉や考え方を知ることから、山の都誇りを持ち、未来に向けて糧となる言葉を発見し、未来の「山の都」を創造するきっかけとします。

 

未来を担う青少年育成を甲府青年会議所の力で共に作り上げていきましょう!!

第46回信玄公祭り(甲州軍団出陣)がおこなわれました

2017-04-10
IMG_8867 IMG_8933
IMG_8709 IMG_8728

4月8日(土)、第46回信玄公祭り甲州軍団出陣において「山の5番隊 原美濃守虎胤隊」を我々(社)甲府青年会議所 にて編成し参加いたしました。

山本勘助に扮した林家三平さん、影武者役の林家木久扇さん、そして信玄公役の三遊亭小遊三さんが馬に乗り平和通りを練り歩きました。舞鶴城での出陣式では、コントなどで会場を沸かす場面もありました。

当日は、約40名もの会員で隊列を組み出陣し、陣屋にも多くの会員の方々が出陣者のサポートに来ていただき、会員の絆がより一層深まる事業になりました。

 

祝【湖衣姫コンテスト グランプリ・準グランプリ決定!!】

2017-04-07

湖衣姫コンテストのグランプリ・準グランプリが決定いたしました。

グランプリに輝いた岩間 恵さんと準グランプリの土橋 優さんと川野 莉果さんは明日の信玄公祭りにて湖衣姫隊として、参加いたします。

沿道での応援をよろしくお願いいたします。

なお、グランプリの岩間 恵さんは今年一年、山梨県観光大使を務めます。

 

名称未設定 1 koihime

 

≪ グランプリ 岩間 恵さん ≫
グランプリ 名称未設定 11

 

≪ 準グランプリ 川野 莉果さん ≫
準グランプリ2jpg  名称未設定 12

 

≪ 準グランプリ 土橋 優さん ≫
準グランプリ1 名称未設定 13

甲府中心街クリーンアップ活動がおこなわれました。

2017-03-26
image2 (10) image2 (7)
image2 (9) image1 (8)

3月26日(日)、甲府中心街クリーンアップ活動がおこなわれました。

当日は、あいにくの雨にもかかわらず多くの会員また多くの人たちが集まり、甲府駅北口よっちゃばれ広場から甲府商工会議所までの区間を清掃しました。

会員同士の親睦を深めると共に、地域の方たちと触れ合いながら活動がおこなわれていました。

甲府中心街には様々なゴミが落ちていて、日ごろからの環境に対する自主的な活動がいかに大事かを改めて実感する機会となりました。

 

ヴァンフォーレ甲府フェイスペイントをおこないました。

2017-03-20
image3 image2 (4)
image2 (3) image1 (2)

3月18日(土)、山梨中央銀行スタジアム メインスタンド前広場にてヴァンフォーレ甲府の試合を盛り上げるため、フェイスペイントをおこないました。

今回も大宮アルディージャ戦にホーム戦を盛り上げるべく多くのサポーターの方々がフェィスペイントブースに並んでいただき、300名を超えるサポーターの方々にお越しいただきました。

次回、4月2日(日) 17:00~第5節 コンサドーレ札幌戦においてもフェィスペイントをおこないます。

当日は地域の宝浸透委員会のスポーツボランティアの一環として地域の皆様にもフェィスペイントの描き手として参加していただきました。

*フェィスシールは数に限りがございますので、ブースへのお早目のお越しをお待ちしております。

 

スポーツボランティア(フェイスペイントの描き手)の募集をしております。

↑ ↑ ↑ お問い合わせは上記から ↑ ↑ ↑

 

 

ヴァンフォーレ甲府 フェイスペイントをおこないました。

2017-03-07
IMG_3325 IMG_3277
IMG_3349 IMG_3355

3月4日(土)、山梨中央銀行スタジアム メインスタンド前広場にて地域のスポーツの宝であるヴァンフォーレ甲府の試合を盛り上げるため、フェイスペイントをおこないました。

300名を超えるサポーターの皆様がホーム初戦を盛り上げるため、(社)甲府青年会議所のフェイスペイントブースに並んでいただけました。ご好評により試合開始を待たず用意していたフェイスシールはサポーターの皆様のもとに。

当日は地域の宝浸透委員会のスポーツボランティアの一環として地域の皆様にもフェイスペイントの描き手として参加していただきました。

次回、3月18日(土)11:00より第4節 大宮アルディージャ戦においてもフェイスペイントをおこないます。

※フェイスシールは数に限りがございます。ブースへのお早目のお越しをお待ちしております。

 

 

スポーツボランティア(フェイスペイントの描き手)の募集をしております。

↑ ↑ ↑ お問い合わせは上記から ↑ ↑ ↑

会員交流事業「甲府青年合戦場 如月の陣」をおこないました。

2017-03-02
image1 image2 (1)

2月26日(日)、山梨県立青少年センターにて会員親睦事業「甲府青年会議所 如月の陣」をおこないました。

当日は40名の会員とその家族が参戦いたしました。

各委員会・会議体ごとにチーム編成であるために召集人数により、開戦前に戦力差が出てしまう面白い設えでありました。その戦力差は各チームでの戦術を練り補完していく。

チャンバラ合戦と言えども「準備・用意・思考」を兼ね備えた実践となりました。

しかしながら、難しいことはそこまで。合戦になると勝敗はさておき、大人も子どものようにはしゃぐ姿は会員の親睦を深め、会員同士の団結力、結束力の重要性を確認できる事業となりました。

例会運営セミナーをおこないました。

2017-02-07

 

IMG_2663 IMG_2641
IMG_2642

2月1日(水)、甲府青年会議所事務局にてLOM活性化特別委員会の例会運営セミナーがおこなわれました。

当日は40名近い会員があつまり、セレモニーについて学びました。

内容はかなり細かく、充実した内容で、 手のあげ方からセレモニー唱和に至るまで、「今日はできるようになるまで帰さない」という前田特別委員長の熱のこもった練習が続きました。

セレモニーはそれくらい重要なことであるということが参加者に伝わる良い機会となりました。

« Older Entries